賃貸M家賃、2ヵ月連続でファミリー向き全エリア上昇

不動産情報サービスのアットホーム(株)は25日、同社の不動産情報ネットワークにおける「全国主要都市の『賃貸マンション・アパート』募集家賃動向」(2022年10月)を発表した。

入居者が1ヵ月に支払う「賃料+管理費・共益費等」を「家賃」として定義。

調査対象は、首都圏(東京23区、東京都下、神奈川県、埼玉県、千葉県)、札幌市、仙台市、名古屋市、大阪市、福岡市の10エリア。

賃貸マンションの平均募集家賃の前年同月比上昇率トップは、30平方メートル以下(シングル向き)が千葉県(前年同月比2.8%上昇、平均家賃6万2,624円)となった。

30~50平方メートル(カップル向き)は埼玉県(同7.1%上昇、同7万8,251円)、50~70平方メートル(ファミリー向き)も埼玉県(同8.9%上昇、同9万8,213円)だった。

70平方メートル超(大型ファミリー向き)は札幌市(同9.8%上昇、同14万2,665円)。
 
ファミリー向きは、前月に続き全エリアが前年同月を上回り、中でも東京23区、東京都下、神奈川県、埼玉県の4エリアは15年1月以降最高値を更新した。

賃貸アパートの上昇率トップは、シングル向きが札幌市(同3.2%上昇、同3万4,149円)、カップル向きが埼玉県(同5.5%上昇、同6万5,789円)、ファミリー向きが大阪市(同7.8%上昇、同11万4,303円)。

ファミリー向きは全エリアで前年同月を上回った。

中でも、東京23区、神奈川県、埼玉県、大阪市の4エリアは15年1月以降最高値を更新した。

お部屋の入居相談 賃貸募集 空室対策 土地資産活用 などの相談は ワールド総合建物 まで!

菊名 新横浜 川崎 賃貸不動産を管理!菊名 新横浜 川崎でお部屋探すなら ワールド総合建物へ

この記事へのコメント