「ゆめが丘」駅前の商業施設、12月に着工/相鉄G

0000070954_01.jpg(株)相鉄アーバンクリエイツ、(株)相鉄ビルマネジメントは24日、相鉄いずみ野線「ゆめが丘」駅前の「ゆめが丘大規模集客施設」(横浜市泉区)について、12月1日より本格的な建設工事に着手すると発表した。

両社は、泉ゆめが丘センター地区地権者会より「ゆめが丘」駅前の集客施設開発事業者に選定され、「泉ゆめが丘地区土地区画整理事業」の一環として同施設の開発を推進している。

街区面積は約4万3,000平方メートル、延床面積は約9万6,800平方メートル、地上3階建て。

店舗面積は約4万2,700平方メートルで約140店舗を誘致する計画。

併せて相鉄グループは、同区画整理事業のエリア内において、分譲・賃貸マンションの建設、「ゆめが丘」駅のリニューアル工事、駅周辺の高架下空間の開発等も行なっていく。

施設の開業は2024年夏の予定。

お部屋の入居相談 賃貸募集 空室対策 土地資産活用 などの相談は ワールド総合建物 まで!

菊名 新横浜 川崎 賃貸不動産を管理!菊名 新横浜 川崎でお部屋探すなら ワールド総合建物へ

この記事へのコメント